水子供養・水子葬儀・水子葬・水子地蔵・名古屋市守山区倶利加羅不動寺

水子最高の供養│水子のお葬式 水子供養・お葬式│電話番号

あまり知られていない、水子の障り
水子供養とは
葬儀のご案内

























>トップページ >あまり知られていない、水子の障り
あまり知られていない、水子の障り
あまりに知らなさ過ぎる、水子の障り

水子の障りと聞いてもピンとこない方が多くいらっしゃると思いますが
これまでに、お寺が関わってきた多くの水子供養の中で
分かったことがあります。
「それって水子の障りだったの!?」という意外な出来事が
何度かありましたのでいくつかご紹介しながらご説明します。

乳がんや子宮がんは、水子の障りの可能性もあると当寺では
考えております。ただし、だからといって必ず直るというわけでは
ありません。もちろん、手遅れということもあります。
お医者さんが言うような早期発見は大切です。しかし、原因を知って
対処することで、ありえないことが起こる場合もあるのです。
ですが、何より大切なのはなぜそうなったのかという理由を明らかに
することです。その事で、子や孫に悪い因縁がいかないようにする
必要があるとも考えます。

また、子供が原因不明の病で苦しんだり
あるいは、不登校や引きこもり等原因不明の行動の場合にも
水子供養不足の影響があるのではないかと思います。
そして、結婚前に作った水子を供養はおろか、臭いものに蓋をするかのごとく
扱っていると自分自身に原因不明の災いがあったり、子供になかなか
恵まれなかったりするということもありました。
ですが、ほとんどの場合これらが水子の障りだと気づく人はいません。
何かのご縁で当寺を訪ねられた人が森下住職の指摘等で気づく場合が
ほとんどです。 
ただし、これらの事は科学的な説明は、一切出来ませんし
その必要もないと考えます。 こういう話は、信じるか
信じられないか、それだけの事なのです。 合掌